目指せ快適生活

おすすめ快適アイテムから心の持ちようまで。日々ストレスなく快適に過ごしたい方、必見。

*

富田の水を飲み始めて2週間ほどになります。

      2011/06/04

「毎朝、目覚めの一杯の水」がすっかり習慣となりつつあります。

よく、健康法などで紹介される「朝一杯の水」ですが、
健康に良い(カモ?)と、思っても、特に朝から水を飲むというのが
実はなかなか苦手だったんですが、「富田の水」にしてからは、
無理なく出来ています。

だからと言って、急激に何かが変わった、ということもありませんケド。(笑)

コレは、長く続けることによって、健康的に過ごせるような気がしているので、
特に、別段、効果が分からなくても、私にとっては良いのです。

「ああ、朝から美味しい一杯の水!今日も元気でガンバロー!」
(体調良く過ごせそうな気がする~)的な、一瞬のセレモニーでしょうね!(笑)

ホント、この水は「味が無い」といっていいほどですので、
「美味しい」と表現できるのかどうかは分かりませんが、
とにかく水質が柔らかい(?)ようで、水が(何故か)飲み込みづらく
感じていた私には、「富田の水」は、飲みやすく感じますね。

早速、実家の母にも勧めてみたところ、
「コーヒーやお茶がが美味しくなった」と喜んでおりました(笑)。
(どうやら、気に入ったようです)

お茶にしてもお料理にしても、水の良し悪しは味に影響すると
言われています。
また、お酒やお米の名産地は、水が美味しいことで知られていますね。

この「富田の水」ですが、私が購入しているのは、使いきりやすい
2ℓ入りの袋タイプのものです。

専用のピッチャーに袋まま入れて、袋の角を少しカットし、そこから上手く
水が注げるようになっています。
そう、他の容器に移し替えても良いカモ。
ただ、できるだけ風合いを保つには、ペットボトルやポリ容器より、
ガラスのビンがオススメらしいのですが・・・。

ところで、私は今まで市販のペットボトルの水を購入していたのですが、
この「富田の水」は、ゴミの量が減るのも、気が付いたトコロです。

他にも、コックが付いたタンクタイプのものなどもあるようです。
沢山の人が飲んだり、お料理によく使ったりする方には、コックタイプが
便利かもしれませんね。

例えば、身体の不調な箇所が改善されるのは素晴らしいことだと思います。
そして、もし、そういう効果が薬にせよ何にせよ、何かによってもたらされ、
それが実感できた時の喜びは、奇跡のようでもあり、幸せを体験できる
瞬間だと思います。

でも、平常の体調であることと、それを維持出来ていることは、さらに
素晴らしいことだと思っています。

たとえそれが、「当たり前」な状態だとしても、それこそが、
「気が付かない奇跡」かもしれない・・・。

なーんて言うのも、案外、大袈裟なことではないかもしれませんよ~?(笑)

 

南紀白浜富田の水

 - 環境 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
国民が「幸せ」と言う国(3)

初めて知ったのですが、ブータンの入国には、様々な 制約があるようです。 例えば「 …

no image
遺伝子組み換え食品よ、どこへ行く(9))≫意見公募要領c学識経験者の大丈夫

ニュースを見ても聞いても、遺伝子組み換え作物について、とか、 今回のパブリックコ …

no image
行水的節電、チョコッと防災。

関電や資源エネルギー庁などのHPで、「節電の対策と傾向」 みたいな、参考書を彷彿 …

no image
遺伝子組み換え食品よ、どこへ行く(7)≫意見公募要領a第一種使用等

「遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの 『第一種使用等』に 関する …

no image
やっぱり、やけに涼しい・・・。

シャープのプラズマクラスターのお話しです。 我が家のタイプは空気清浄機なんですが …

no image
遺伝子組み換え食品よ、どこへ行く(11)≫関連資料別添a

ちなみに、意見を「国民の民様」に求めるのは、「カルタヘナ法」で、 「国民に聞くよ …

no image
国民が「幸せ」と言う国(5)

近代的な文明を拒否するでもなく、(先進国から見て)不便とされている 事柄を苦痛と …

no image
シャープのプラズマクラスターがアレルギー性鼻炎を緩和

何だか「良い」気がして愛用しているシャープのプラズマクラスター。 どうやら、実際 …

no image
自分の家族だから、安全・安心の行方を考えたいですね。

当たり前が当たり前でない時代なのでしょうか・・・。 安全というものが曖昧かのよう …

no image
節電15%、粛々と。

普段から、家庭内で、「無駄な電気を使う」ということは それほどないように思ってい …