目指せ快適生活

おすすめ快適アイテムから心の持ちようまで。日々ストレスなく快適に過ごしたい方、必見。

*

節電の「要請」って、何をどうしたいの?

   

「本年度、最高気温を記録し~云々」。
昨日の電力関係のニュースです。どれほど逼迫した状況であるか、
「こんなに大変~!」と言わんばかりに声高に叫んでいたので、
ホント、びっくり仰天です(呆~)。


「本年度最高気温」・・・って(笑)!
だって、夏はこれからでしょ~?今から暑くなるんでしょ?
「本年度になってから」、まだ、冬と春と梅雨くらいしか
訪れてないし~!って、チョット一人ツッコミ入れて
しまいました(笑)。

気象庁だか関電だかの発表で「本年度最高」となっていたのかも
しれませんが、正規のニュースでこの言葉を「ん?」とも思わず
放送してしまうTV局って・・・(恥)。

どこかで「例年の同時期に比べて、最高記録」とでも
コッソリ訂正しておいて頂きたいですね~(笑)。

放送の内容は、恐怖をあおられているようで、
チョット「感じ悪~い」と思ってしまいました。
「ホラホラ~!原発が無いと困るよー?どうするー?」という
ニュアンスがヒシヒシと伝わってくるようです。

が、「本年度最高~!」とか言ってるお人たちに
「そんな風に、言われたくないわぁ~!」と、またまたツッコミを
入れながらの節電は続きます(笑)。

私は関電のために節電するわけではありませんので~。

で、コッソーリ、こんなことに↓↓なっておりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110623-00000015-mai-bus_all
(<関電>15%節電事実上断念)
≫≫
八木社長は15%から、企業の電力需要のばらつきなどに対応して
上乗せした4%を引いた11%を具体的な数字として例示していた。

会談は非公開で行われた。八木社長は情報開示が不十分だった点を謝罪し、
15%の節電を要請。荒井知事は大規模停電を防止するため
10%超で取り組むことを提案し、合意した。
≫≫(本文抜粋)

ん~。
何なんでしょうかね・・・、数字の根拠って。

節電する当事者が「蚊帳の外」みたいな目標の決め方で、
結果がどうなると言うのでしょう?(笑)

企業さんなんかは、目安になるかもしれませんが、
それも「ヤル気」があってこそ。
生産を落としてまで節電するというのは考えにくいですしね。

結局、「思いやり」とか「エコ」とか、ベタなんですケド、
まぁ、そういう「みんなで」っていう価値観?ですね。
これからの地球には「我良し」では厳しい時代かな?
「お互いに」っていうのが大切なことなんじゃないかな、
って思っています。

だから今回の全国節電プランは、地球住民としては、
とても良い企画だと思うんですよ?

震災で電力が不足した地域に、電気が送られ、それで少しでも
その地域のお人が助かるなら、それって、素敵じゃないですか?

さらに、地球の環境をそれぞれが考えたり、自分達が
「当たり前」に使っていた原発エネルギーが(良い悪いではなく)
どういうものか?ということを認識しようと思うキッカケにも
なったと思うんですよ~。

これは地球という空間をみんなで共有している、というコトで、
実は、これからの時代を生きていく私たちが、とっても真剣に
考えていくべきお話しなのに、何故かどこかで
「電力不足の恐怖」「エネルギー不足の恐怖」に
すりかえられている気がして、とても残念です。

さらに時代は、自然エネルギーというトコロまで波及しています。

それまで無関心だった、例えば私のような平凡な主婦でも、
地球住民の一員として、気が付かせてもらえたわけです。
せめて、自分の分かる範囲で「脱・無関心」(笑)。

というコトで。

第一、本当にエネルギーがホントに不足しているのかどうかも、
アヤシイ・・・と、個人的には思ってたりしますが(笑)。

 - 環境, 雑記 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
環境に優しい洗剤エコベールで自分にも優しくなろう

ここ2年ほどで、私をとりまく環境が大きく変わり、 とくに友人・知人・知り合いなど …

no image
節電15%、粛々と。

普段から、家庭内で、「無駄な電気を使う」ということは それほどないように思ってい …

no image
はじめまして

日々、出来る限り快適に暮らしていきたい。 せっかくの人生、幸せでありたい。

no image
「足るを知る」ということ。

たまーに、お目にかかる知人の話なんですが・・・。 その方が懇意にしていらっしゃる …

no image
悩む、ということ。

その人それぞれに、「快適」と感じるコトは様々で、 また、一つだけ、っていうことも …

no image
遺伝子組み換え食品よ、どこへ行く(8)≫意見公募要領bカルタヘナ法

ちなみに、今、私が解読している 「遺伝子組換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワ …

no image
夏には夏の食べものがアル。

遥か昔、今ほど食べ物も豊富でなかった時代、例えば野菜・果物など 自然の恵みは不思 …

no image
各国の食肉習慣の「ヒミツ」を垣間見てしまった。

主に「宗教的な理由から」、という世界の食肉のタブー。 宗教におおらかな日本では、 …

no image
富田の水を飲み始めて2週間ほどになります。

「毎朝、目覚めの一杯の水」がすっかり習慣となりつつあります。

no image
国民が「幸せ」と言う国(6)

「喜びは一瞬」という国王のお言葉は納得させられます。 これは「喜びは幸せでない」 …