目指せ快適生活

おすすめ快適アイテムから心の持ちようまで。日々ストレスなく快適に過ごしたい方、必見。

*

国民が「幸せ」と言う国(番外編)

      2011/06/13

「GMH(Gross National Happiness)国民総幸福感」の調査で
国民の9割が「幸せ」と答える国、ブータン王国。
この国は、「雷龍の国」と呼ばれるようです。


この事が気になって、ブータンのことをもう少し調べてみることにしました。

インドと中国(チベット地区)の間の、チベット山脈に挟まれた場所に
位置し、独自の文化を守り続ける国ブータン。
この国の歴史は過去の度重なる災害により、その文献の大半を失い、
その遠い歴史には謎の部分が多いようです。

ブータンの人々は、自国を
「デュルック・ユル(Druk Yul)=穏やかな龍の地」と呼ぶようです。
これには「建国の神話」が関係しています。

≫≫(ウィキペディア「ドゥルック」より引用)
ブータン建国時代のチベット仏教の僧侶が「これ以上進むのは困難」とし、
リーダーである僧侶が「行き止まりのこの土地に僧院を建てよう」と
他の僧侶たちにも告げた。
その建立の話し合いの際、突然雷音が轟き渡ったが、空は真っ青な空であった。
にもかかわらず強烈な雷音が響いたという。
そしてその雷音を竜の雄たけびとし、仏教の守護神が良い知らせを
伝えているものだと解釈したという。
僧院の名は「ナム・ドゥルック(天に舞う竜)」となり、
チベット仏教ドゥルック派を国教としたドゥルック・ユル(雷竜の国)が
誕生したという。
≫≫(本文抜粋)

へ~、という感じの仏教国であるブータンは、
大乗仏教(Mahayana)からの「タントラ教」を残している
世界で唯一の国・・・ということなんですが。

「タントラ教」って???
で、またもやサクッとウィキさんに教えてもらうと・・・。

≫≫(ウィキペディア「タントラ教」より引用)
実際のところ、タントラ教という宗教集団がいたわけではなく、
「タントラ的な考え方(タントラ哲学、タントリック)」をもつ人たちである。
「大いなる意識」は「創造主」とも「宇宙」とも「神」とも解釈できるが、
「自己」との繋がりは特定の人や階層によらず、
すべての人に与えられた存在であり、恵みであるという考え方である。
 この考えの根幹にあるのは、
『あらゆる存在に、美があり、善があり、生きている存在そのものに
 繋がりからの恵みがある』というものである。
≫≫(本文抜粋)

宗派とか崇拝というより、より精神思想的な感じで、
何だか日本の「神道」の精神と共通ししている気がしました。

ということで、この国の自然保護的な国策は、
このタントラの精神に従っているものだということが分かります。

人間上位の立場からの「弱者自然」の保護というものではなく、
地球(又は宇宙的思想)の中にある、人間もまたその調和の中に
生かされている一員、という立場からの環境保護だということですね。

ある側面から見ると、実は文明を謳歌する現代人こそ、
最も自然弱者であることは明白です。

自給自足もままならず、自然破壊や災害による被害が出ると
とたんに人類は食料の危機=生命の危機を迎えます。

呼吸をし、水を飲み、食物を得て人は生きていけます。
これは、自然の恵みにより「生かされている」というコトに
他なりません。

人類は、葉の一枚とて、無から産み出すことが出来ない、
ということを、忘れてはいけないのではないかと思うのです。

自らの生命力が弱まった種族の末路は一つです。

 

 

≫≫(参考サイト)
http://www.iip.co.jp/bhutan/
(「ようこそ雷龍の国ブータンへ」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B3
(ウィキペディア「ブータン」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF
(ウィキペディア「ドゥルック」)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9%E6%95%99
(ウィキペディア「タントラ教」)

 - 環境, 雑記 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
遺伝子組み換え食品よ、どこへ行く(11)≫関連資料別添a

ちなみに、意見を「国民の民様」に求めるのは、「カルタヘナ法」で、 「国民に聞くよ …

no image
「日本産」と偽装した農水産品にご注意を

出回っているのは主に近隣アジアのようですが、日本の 農水産物の人気…と言うか、安 …

no image
感情を感じきる

恐れ、憎しみ、恐怖、怒り、悲しみ、そういったネガティブと 言われる感情は、できる …

no image
富田の水使用の「お醤油」と「お味噌」など。

ここ数ヶ月、大阪・泉南の親戚のお見舞い方々そのついで、と言っては 何ですが(笑) …

no image
国民が「幸せ」という国(番外編2)

「幸せとは、他人を幸せにすること」 ブータンの小学校に通う子供の「幸せ論」です。

no image
「卵」のヒミツを垣間見てしまった(2)。

あなたは「卵かけごはん」はお好きですか? アツアツのご飯に新鮮卵と醤油!・・・ど …

no image
各国の食肉習慣の「ヒミツ」を垣間見てしまった。

主に「宗教的な理由から」、という世界の食肉のタブー。 宗教におおらかな日本では、 …

no image
「今」を生きていますか?

ところで、あなたは「先の心配」ばかりしていませんか? 最近、そういうお人が多くな …

no image
何をどうすれば、節電。

関電や資源エネルギー庁とも、(当然ですが)対策メニューの 内容は全く同じです。

no image
自分の持つエネルギーの使い方

エネルギーを無駄にしないというのは、非常に大切な事だと思います。 これは自分自身 …